生命保険の保険金請求 - 保険相談 見直し.jp - 山口 | 東海総合保険事務所

HOME > 目的別保険相談 > 友人が眼瞼下垂による視力障害で、視力が著しく低下しています。この場合、「高度障害保険金」は受け取れますか。

生命保険の保険金請求

友人が眼瞼下垂による視力障害で、視力が著しく低下しています。この場合、「高度障害保険金」は受け取れますか。

2020年07月20日

【ご相談事例】

生命保険の「高度障害保険金」について質問です。
友人が眼瞼下垂による視力障害で、視力が著しく低下しています。
この場合、「高度障害保険金」は受け取れますか。

【ご回答】

生命保険における高度障害保険金は、それぞれの保険会社が約款で定めている条件を満たした場合に支払われます。

その条件の中には「両眼の視力を永久に失った場合」が含まれており、両眼球摘出手術を行った場合など、事故による負傷で両眼の損傷が著しく、回復の見込みがない場合には保険金が支払われます。

しかし、眼瞼下垂のように筋力の低下で瞼が下がり視力障害が生じた場合は、所定の「視力の低下」に該当しないため、高度障害保険金は支払われません。

なお、保険会社が定める「高度障害状態」は、身体障害者福祉法・国民年金法に定める身体の状態や、公的介護保険制度に定める要介護状態とは異なるため注意しましょう。

■生命保険における高度障害状態とは、約款で定めている次のような状態

・両眼の視力を永久に失った場合
・言語そしゃくの機能を永久に失った場合
・常に介護を要する状態になった場合
・両腕とも手関節以上で失ったか、その運動機能を永久に失った場合
・両足とも足関節以上で失ったか、その運動機能を永久に失った場合
・片腕を手関節以上で失い、かつ、片足を足関節以上で失った場合
・片腕を手関節以上で失い、かつ、片足の運動機能を永久に失った場合
・片腕の運動機能を永久に失い、かつ、片足を足関節以上で失った場合

など

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

生命保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 松原勇夫

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 株式会社 東海総合保険事務所

営業時間/月~金曜 10:00~18:00

TEL:083-995-3800/FAX:083-995-3822

〒753-0831
山口県山口市平井690-4

公共交通機関をご利用の場合

・JR山口線 湯田温泉駅下車 徒歩10分
・JRバス山口大学行き「あいわたせ」停留所下車3分

お車をご利用の場合

県道61号線を小郡方面に向かい古曽交差点30m手前左手に、当社があります。青い看板が目印です。

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

トップクオリティー代理店Ⅲ認定

募集代理店年間優績表彰制度 連続入賞代理店

地域貢献活動 参画団体(山口商工会議所・山口市消防団・山口市野球連盟・宇部商工会議所など)

健康経営優良法人
全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。